• 印刷する

移民なしでは13年後に人口減少、首相府

首相府国家人口・人材部門が24日発表したシンガポールの人口推計報告書によると、合計特殊出生率(TFR)が低水準のまま推移し、移民も受け入れなければ2025年ごろから人口は減少に転じる見込みだ。

TFRは女性1人が一生に産む子どもの平均数。現在は1.2と過去最低水準にまで低下している。報告書は、「現在の人口を維持するには2.1を保つ必要がある」とし、今後も1.2のまま推移した場合、移民を受け入れなければ60年までに人口は約76万人減少すると予想。現在の人口水準を維持するには年間2万~2万5,000人の移民を受け入れる必要があると指摘している。

また今年は人口構成の変動で転換期を迎える。戦後のベビーブーム(1947~65年)世代で47年生まれの人が今年、同世代で初めて退職を迎える。20年までにより多くの国民が65歳の退職年齢に達する一方、20~64歳の労働力人口は縮小する傾向が一層強まる。30年には高齢者人口が現在の約3倍となる90万人に拡大する。年齢中央値は11年の39歳から30年には47歳に上昇する見通しだ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(19:12)

南洋大、ブロックチェーン研究所を開設(19:12)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(19:12)

仮想通貨クリプト、英国で事業免許取得(19:21)

新規感染3762人、前日から3割減(17日)(19:12)

テイクオフ:夜のウオーキングツアー…(08/18)

7月輸出、電子2桁増で堅調 通年は5~8%増の見通し(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン