車載蓄電池の温室ガス明示、今夏めどに制度案

【共同】経済産業省は21日、蓄電池の持続可能な活用策を話し合う有識者会議の初会合を開いた。電気自動車(EV)向けに需要が増す車載用蓄電池を念頭に、供給過程での温室効果ガス排出量を明示する制度を検討。今年夏ごろまでに概要をまとめて試行的な運用を目指す。 経産省によ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

4月のCMP原材料輸入、3.4倍に増加(05/23)

岸田首相、マルコス氏と電話会談(05/23)

ジェトロ、ユーチューブ動画シリーズを制作(05/20)

テイクオフ:昔の話だが、初めて海外…(05/20)

スズキ、新工場の土地取得 印事業40周年、州政府が式典主催(05/20)

神鋼環境ソリュ、南部の浄水場で竣工式(05/20)

〔アジア人事〕ミスミグループなど(05/20)

SBI、南洋大や韓国企業とファンド設立(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン