テスラ進出に暗雲、政府は関税見直しに難色

インド政府と米電気自動車(EV)大手テスラの交渉が難航している。輸入関税の引き下げをインド進出の条件とするテスラに対して、政府は「インドでの現地生産確約が先決」との姿勢を堅持しているためだ。ロイター通信が20日に伝えた。 テスラは政府との非公式な協議で、インド進…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

商工省、小麦の禁輸措置を一部緩和(18:54)

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(19:22)

テイクオフ:大きな八百屋では、季節…(05/18)

LIC上場、公開価格割れ 8.6%安、IPO再燃ムード下火か(05/18)

4月卸売物価15%上昇、過去10年で最大の伸び(05/18)

テスラ、インド市場への参入計画を保留に(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン