一部の農産物や畜産品、政府が輸入を禁止

ラオス政府は、一部の農産物、家畜、魚の輸入を禁止した。対象品目の国内生産を促進し、農家の収入拡大につなげる目的。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が20日に伝えた。 禁輸措置の対象となるのは、農産物ではキャベツ、ニンニク、タマネギ、コショウ、レタス。 肉類は牛、豚…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

セポン鉱山、新たな地下金鉱の開発事業始動(05/20)

違法両替所、通貨変動の要因に=中銀総裁(05/19)

物流トリプルi、ラオスで鉄道輸送に参入(05/19)

ナムウー発電所、発電量は千ギガワット時超(05/18)

エネ開発UPA、ラオスで暗号資産事業進出(05/18)

ラオスとの首都間高速に期待、国会議長(05/18)

ナムグム第4水力発電所、工事進捗率は9割(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン