• 印刷する

テイクオフ:最も安全な国はどこか―…

最も安全な国はどこか――。これまで世界20カ国以上を訪問したが、自分が治安面で最も安全に感じたのは、中央アジアのカザフスタンだった。

最後に訪れたのは5年ほど前。最大都市アルマトイと、首都アスタナ(現ヌルスルタン)を巡った。順調な経済成長で中央アジア初の万博を開催するなど勢いに乗っていた。昼も夜も不穏さは感じず、外国人でも不安なく行動できた。その理由は市部の至る所で警察や軍が目を光らせていたからだ。武装した軍人が3人ずつ背中合わせで周囲を警戒。たるんだ様子を見せることはない。通りごとに配しているのではと思うほど多く、強盗の余地などまるでなかったろう。

そして今月、同国で大規模な争乱が起きたと知ったとき、それを意外に思うことはなかった。ロシアの影もちらつくが、力ずくの安定はいずれ力尽きるのだろう。次の為政者はそれに気づくだろうか。(岡)


関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

ジェトロが企業庁と提携、新興企業を支援(13:30)

個人情報保護法、6月に施行 刑事罰や集団訴訟などの可能性も(05/27)

テイクオフ:北九州貿易協会から「不…(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

MRT東西線開発160兆ルピア 国際融資のほか民間投資見込む(05/27)

リアルテック、現地法人設立(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン