コロナ下で世界物流停滞、輸送費高騰

【上海、シンガポール、ロサンゼルス共同】新型コロナウイルスの変異株オミクロン株がまん延する中、世界で物流の停滞が深刻化している。コロナ下の「巣ごもり需要」で貨物量が増える一方、感染拡大による荷役労働力の不足や検疫強化で港湾機能は著しく低下し、コンテナ船の混雑は…

関連国・地域: 中国シンガポール日本米国
関連業種: 食品・飲料運輸小売り・卸売りサービス雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

民際センター、学校支援強化 危機下で問われる教育権の保護(05/26)

三菱電機、7割拠点で不正(05/26)

豪新政権、太平洋外交を強化 外相がフィジー訪問、中国けん制(05/26)

JR東とエネオスが連携、水素燃料の電車や施設(05/26)

西部高速鉄道に1千億円の円借款(05/26)

沖縄で海水温度差使い発電、商船三井(05/26)

日野自動車、タイ進出60年の式典を実施(05/26)

長方形のQRコード、狭い所もOK=デンソー(05/26)

〔政治スポットライト〕豪の税負担は日本より大、新政権に課題(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン