半導体不足、EV目標打撃=米政権が懸念

【ワシントン共同】世界的な半導体不足や関連法案の停滞で、電気自動車(EV)など電動車への大胆な移行計画に遅れが出るとして、バイデン米政権が神経をとがらせている。目標とする時期は2030年とまだ先だが、EV用充電器の整備を進め、メーカーの増産体制を促す予算確保を急ぎ…

関連国・地域: 日本米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

4月のCMP原材料輸入、3.4倍に増加(12:24)

岸田首相、マルコス氏と電話会談(05/20)

ジェトロ、ユーチューブ動画シリーズを制作(05/20)

テイクオフ:昔の話だが、初めて海外…(05/20)

スズキ、新工場の土地取得 印事業40周年、州政府が式典主催(05/20)

神鋼環境ソリュ、南部の浄水場で竣工式(05/20)

〔アジア人事〕ミスミグループなど(05/20)

SBI、南洋大や韓国企業とファンド設立(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン