• 印刷する

テイクオフ:マレーシア政府はこのほ…

マレーシア政府はこのほど、新型コロナの感染歴がある人に対する入国後の隔離措置の免除を発表した。ワクチンの接種完了が条件ではあるが、これまで「感染抑止」が最優先だった水際対策に「感染前提」の視点が加わった形だ。

新型コロナへの対応が一筋縄でいかないのは、いずこも同じだ。インドを訪問した友人は現地で感染が判明。地元の州政府は7日間がたてば隔離を自動解除すると言っているが、宿泊先のホテルからは陰性証明の提示を求められているという。板挟みとなった医師からは「政府による隔離の後に、自主隔離が必要なこともある」とよく分からない説明を受けたらしく、「なぞなぞのようだ」と苦笑する。

ただ、感染が分かると、すぐさま州政府からホテルの部屋に血中酸素濃度計が届いたのだとか。重症化を防ぎ、医療崩壊を阻止するという点では、連携は取れているようだ。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数年ぶりにマレー半島の…(05/26)

食品価格が上昇、家計を圧迫 鶏肉不足解消へ6月から輸出停止(05/26)

新規感染1918人、3日連続で千人台(05/26)

外国航空会社3社、6月からヤンゴン便再開(05/26)

RM1=28.9円、$1=RM4.39(25日)(05/26)

QCフリート、東風小康製のEVバンを投入(05/26)

150cc以上のバイクにABS搭載義務化へ(05/26)

自動車UMW、1~3月期は27%増益(05/26)

日本コンセプト、タンク洗浄に太陽光活用(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン