【現場で語る2022年】さまざまな課題、商機に変える 三井物産、ガス田開発も着実に

三井物産の現地法人、ベトナム三井物産の鳴釜宏充社長は、新型コロナウイルス感染第4波の影響を受けながらも、「次につながる課題や今後の方向性が見えてきた」と昨年を振り返り、さまざまな課題を新たな商機と捉える。アジアの注目国という位置づけは変わらない。コロナ禍で得た…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料農林・水産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

民際センター、学校支援強化 危機下で問われる教育権の保護(05/26)

ドン相場、下落基調へ転換か 中銀、米ドル売り水準を変更(05/26)

預金金利の上昇続く、民間銀は7%超えも(05/26)

地場生保、遠隔診断でシンガポール社と提携(05/26)

不良債権処理の実施期間を延長へ、国会(05/26)

財政金融政策の首相の諮問機関、組織を強化(05/26)

工業団地の面積規制撤廃を提案、アマタ(05/26)

ホアファット株は紙くず、株主から不満の声(05/26)

独クルツ、中南部で工業用フィルム工場着工(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン