RCEP発効15カ国加盟、22億人経済圏

【共同】日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など計15カ国が加盟する地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日、発効した。加盟国が互いに関税を引き下げたり、ルールを共有したりして経済活動を推し進める。域内の人口が約22億7,000万人(2019年)、国内総生…

関連国・地域: 中国韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアニュージーランドインド日本ブルネイ
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に 追加接種者、30日から適用(20:38)

ジェトロが企業庁と提携、新興企業を支援(18:11)

パイロット、北部に現法設立へ(19:01)

パナ、宅配ロッカー500カ所の設置完了(18:27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(21:06)

個人情報保護法、6月に施行 刑事罰や集団訴訟などの可能性も(05/27)

テイクオフ:北九州貿易協会から「不…(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン