【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(11月) 主要6カ国全てで上昇、シンガポールは8年8カ月ぶり高水準

東南アジア諸国連合(ASEAN)の2021年11月の消費者物価指数(CPI)は、主要6カ国全てで前年同月から上昇した。フィリピンの伸び率は4.2%だった。シンガポールは3.8%となり、13年2月以来、8年8カ月ぶりの高水準となった。マレーシアは3.3%、タイは2.7%、ベトナムは…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

21年のPE投資額、東南アは250億米ドル(21:57)

高性能ろ過の米社、工場拡張に1億米ドル(18:53)

フィンテック企業、環境金融の支援基盤始動(18:53)

独エネルギー貯蔵社、子会社が施設建設計画(18:53)

新規感染2664人、4日ぶり増加(17日)(18:53)

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(19:22)

テイクオフ:狭い都市国家に長年住ん…(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン