【現場で語る2022年】丸紅、現地向けの業容拡大へ 井上現法社長「中間層より厚く」

大手商社の丸紅は、ベトナムの消費拡大を見据えた国内向け事業の拡大を進める方針だ。現地法人、丸紅ベトナムの井上聡一社長は「新型コロナウイルス感染症の流行で2021年の経済は停滞したが、中長期的な成長は疑う余地がない」と指摘する。22年は都市開発やヘルスケア分野で新たな…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品繊維IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シティの4カ国リテール買収 UOB銀行、4千億円超で合意(14:31)

【現場で語る2022年】丸紅、現地向けの業容拡大へ 井上現法社長「中間層より厚く」(01/14)

次期電力開発計画、3月末までに再提出方針(01/14)

再生エネ申請、電力基本計画の容量オーバー(01/14)

PDP8の承認待ち、送電線案件多数が停滞(01/14)

ラオス越、フン・セン首相の仲介努力を評価(01/14)

日本向け石炭積載の出航許可、調整相(01/14)

21年の二輪販売、8%減の249万台(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン