米中新車市場で日本勢苦戦、11月

【北京、ニューヨーク共同】日本の自動車大手が発表した11月の中国、米国での新車販売台数は、世界的な半導体供給不足が依然響き、各社とも苦戦が続いた。二大新車市場で多くが前年同月比2桁の減少率を記録。今後は新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」が懸念材料となる…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

伊勢丹の東部カトン店、1月末に閉店(21:45)

日本製鉄がタイ電炉2社買収、最大869億円(18:51)

ロームの天津工場、稼働を一部再開(18:37)

テイクオフ:最も安全な国はどこか―…(01/21)

印に初の半導体工場設立を推進 ベダンタ、傘下の日系企業通じ(01/21)

【現場で語る2022年】ガス火力時代の商機つかむ 三菱パワー、再エネ蓄電も(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

物流大手トランコム、同業2社を買収(01/21)

双日が消費財卸に参入、新興企業に出資(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン