【10大・第4位】対外関係に動き、摩擦加速の流れか

バイデン氏の米大統領就任によって、米中関係は「国交樹立以来最悪」(王毅外相)の水準に冷え込んだトランプ前大統領時代から緊張がやや緩和したかのようにみえる。米中間の貿易も好調で、今年1~11月の輸出入はともに前年同期比で3割前後の伸びを示した。しかし、世界1位と…

関連国・地域: 中国-全国日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

上海市、リスク地域からの訪問者に隔離措置(17:12)

コロナ国内感染、28日は54人(11:24)

コロナ国内感染、26日は80人(05/28)

コロナ国内感染、27日は71人(05/28)

国営製鉄、高炉再稼働に向け中国宝武と覚書(05/27)

ラオス中国鉄道、6月下旬に物流施設と接続(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

収束傾向が全国的に鮮明 地域縮小、感染者も減少(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン