• 印刷する

RCEPは国内農業に恩恵、貿産省見解

フィリピン貿易産業省は2日、東南アジア諸国連合(ASEAN)や日中韓など15カ国による地域的な包括的経済連携(RCEP)について、国内の農業に大きな恩恵をもたらすとして農業関係者に理解を求めた。

ゲプティ次官補は、フィリピンはコメや豚肉、鶏肉、砂糖などの関税の引き下げを約束しておらず、緊急輸入制限(セーフガード)発動が可能なことを強調した。一方で、輸入に大きく依存している農薬や肥料、農業機械などを安価で調達できるようになると説明。RCEPが国内農業にとって「大きな好機になる」と訴えた。

国内では、有力農業団体の自由農家連盟(FFF)が、過去の大型貿易協定で農産物の輸出拡大効果が薄かったと指摘。同国の農業に及ぼす影響を精査するまで、批准を先送りするよう上院に求めている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:政府は新型コロナウイル…(01/24)

首都圏の感染者42%減 7日間平均、拡大ピーク越え(01/24)

【学びの機会】第2回 帰国生入試だけではない(01/24)

新型コロナ、新たに2万9828人感染(01/24)

大統領候補ら討論会、マルコス氏は不参加(01/24)

与党PDP、副大統領候補サラ氏を公認(01/24)

副大統領、仲裁判断認めれば中国と資源開発(01/24)

台風22号の被災地、中部は電力8割復旧(01/24)

人口増加率、コロナ禍で75年ぶり低水準(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン