経済開発庁、コロナ共生前提で活動再開を

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)は3日、国内経済の早期回復に向け、新型コロナウイルスとの共生を前提に国全体の考え方を変えていくべきだとの見解を示した。 カール・チュア長官は、新たな変異株「オミクロン株」などを念頭に、新規感染者数を政策決定の基準にするのでは…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大手ブランドでなくても…(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

国鉄の南線、中国連合受注 3200億円、ルソン経済圏を拡大(01/20)

新型コロナ、新たに2万2958人感染(01/20)

オミクロン株、新たに492人感染(01/20)

外出禁止の地区、750カ所超に急増(01/20)

東南アの訪日客、21年はコロナ禍で94%減(01/20)

比総合病院、コロナ病床の使用率97%に(01/20)

未接種は権利、司法相「行動に制限も」(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン