• 印刷する

《安全》オミクロン4例目、ナイジェリアに滞在歴

香港政府衛生署衛生防護センター(CHP)は1日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を新たに1人確認したと発表した。香港では4例目となる。

11月28日の感染統計に計上されていた38歳の男性。24日にカタールから到着したが、査証(ビザ)の問題により入境を認められず、空港の制限エリアに滞在していた。27日に受けた出境前検査でコロナ陽性が判明し、さらに詳しい検査でオミクロン株に感染していることが分かった。男性はパプアニューギニア、ナイジェリアに滞在歴がある。

香港でこれまでに見つかったオミクロン株感染は全て海外からの流入症例。感染源はうち2例が南アフリカ、2例がナイジェリアとみられている。

CHPは同日、新たに3人のコロナ感染者を確認したと発表した。いずれも流入症例で、累計の感染者数は1万2,439人。域内感染者は54日連続でゼロとなっている。


関連国・地域: 香港アフリカ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ハムスター感染で波紋 2千匹を殺処分、撤回求める声も(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

新たに16人の感染確認、経路不明が2人(01/20)

美容施設など、ワクチンバブル導入求め声明(01/20)

マカオ政府、カジノ法改正案を立法会に提出(01/20)

ゲンティン香港、会社清算を申し立て(01/20)

12月の訪日香港人70人、3カ月連続で減少(01/20)

反発、ハンセン指数は0.1%高=香港株式(01/20)

招商銀系SPAC、香港取引所に上場申請(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン