石炭火力40年に本格的廃炉へ、大統領令策定

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省のジスマン電力計画開発課長はこのほど、石炭火力発電所の廃炉計画について、2040年に本格的に段階的な廃炉を開始する見通しを示した。60年に二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル(炭素中立)」を実現するため…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インドのエアコン輸入禁止、WTO提起へ(15:50)

プルタミナの地熱発電子会社、6月にIPO(16:12)

ゴーベル、トルコ企業と食品工業団地開発へ(16:12)

テイクオフ:「あなたを優先するから…(01/17)

EV登録料を3年間ゼロに 3月適用、ビンファスト優遇(01/17)

シティの4カ国リテール買収 UOB銀行、4千億円超で合意(01/17)

新型コロナ経口薬、5月にも国内生産へ(01/17)

オミクロン感染ピークは2~3月、調整相(01/17)

石炭運搬船18隻、禁輸措置を解除(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン