コロナ新変異株で水際強化 政府、域内の防疫措置は流入次第

南アフリカなどで新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株の感染が確認されたことを受け、台湾政府は水際対策の強化を決めた。29日から同国を含むアフリカ南部6カ国を重点高リスク国に指定し、入境者に集中検疫所での2週間の隔離を義務付ける。強い感染力を持つ恐れがあるとし…

関連国・地域: 台湾アフリカ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、27日は21人(15:43)

桃園、29日から店内飲食の席半減など新規制(18:01)

鴻海など購入のビオンテックワクチン、全て到着(17:20)

テイクオフ:「値上がりしたんだ。悪…(01/27)

米企業9割超が台湾経済楽観 過去最高、電力供給に懸念も(01/27)

新型コロナの域内感染、26日は46人(01/27)

BNTワクチンを追加購入へ、約1000万回分(01/27)

UMC、今年の増収幅を20%に上方修正(01/27)

和碩董事長、コロナ規制の1年内解除を予測(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン