• 印刷する

欧州商会が白書、入境規制緩和を呼び掛け

欧州企業の台湾での商工組織である欧州在台湾商務協会(ECCT)は25日、2022年版の白書を台湾国家発展委員会(国発会)のキョウ明キン(キョウ=龍の下に共、キン=金が三つ)主任委員(閣僚級)に提出した。白書では、新型コロナウイルス感染症に伴う台湾への入境規制の緩和などを求めた。

ECCTは今年、政府に対して170項目の提言を行った。このうち118項目は前年からの継続案件で、52項目が新規案件だった。

ECCTは「各国の入国規制緩和が進む中、台湾が引き続き規制を維持すると、人材や貿易、投資などにおける競争で後れを取ることになる」と指摘。「どのように開放するかは台湾政府の方針に従う必要があるが、企業が人材配置の参考にするためにも、政府には明確な基準を打ち出してほしい」とし、政府に国際社会とのつながりを重視するよう呼び掛けた。

工商時報によると、キョウ主任委員はECCTからの要望に対し、「入境に当たり14日間の隔離と7日間の自主健康管理を求める現行の規制は、産業界にとってコスト負担が大きい」と指摘。引き続きワクチン接種率を高め、来年の春節(旧正月、2月1日)明けには柔軟な措置を講じられるようになることを期待すると述べた。


関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

高雄市、高校以下の冬休み活動を原則禁止(17:25)

高雄市、コロナ警戒第2級の防疫措置を強化(18:45)

パラオとのトラベルバブル、検疫措置を強化(13:27)

新型コロナの域内感染、21日は23人(16:51)

台北で2人の感染確認、耳鼻科や大学で接触(12:31)

21年の輸出受注額が過去最高 6千億米$突破、電子製品けん引(01/21)

印に初の半導体工場設立を推進 ベダンタ、傘下の日系企業通じ(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

新型コロナの域内感染、20日は13人(01/21)

高雄でも感染者、家族3人の感染源不明(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン