越系モール、民主派ボイコットで店舗休業

ミャンマー最大都市ヤンゴンでベトナム系企業が運営する商業施設「ミャンマープラザ」が26日、民主派のボイコットを受け、ほぼ全店舗が休業する事態に追い込まれた。25日夕に店内で発生した国軍抗議デモの参加者を警備員が取り押さえ、軽傷者が出たことが理由。国軍が周辺で警戒を…

関連国・地域: ベトナムミャンマー
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

履行なければ軍政呼ばず、シンガポール首相(16:01)

フン・セン氏訪問を批判、マレーシア(16:01)

スーチー氏にまた汚職容疑、5件訴追(16:01)

コロナ感染172人、オミクロンは42人(09:03)

12月PMIは5カ月連続上昇 依然リスク大、頭打ちの懸念も(01/14)

ASEAN外相会議延期、ミャンマー対応影響か(01/14)

欧州向け長粒白米輸出、18日から無関税(01/14)

ミャンマー安定化へ協力、国連特使とフン・セン氏(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン