電気代が24年までに6%低下、再生エネ増で

オーストラリアのエネルギー大手AGLエナジーがニューサウスウェールズ(NSW)州ハンターバレーのリデル石炭火力発電所を2022年に閉鎖する計画であるにもかかわらず、再生可能エネルギーの発電量の増加により、一般家庭の電気代は2024年までに6%低下し、2016年以降の最低水…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビの調子が悪くなっ…(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

豪12月の失業率4.2%、大幅改善 13年ぶりの低水準、雇用が拡大(01/21)

オクバウ金鉱、累計採掘量が1.5トン(01/21)

豪の給与総額、金融部門の賞与増で9%拡大(01/21)

液化水素運搬船、きょうVIC州に到着(01/21)

NSW、薬局24時間営業など小売り救済策検討(01/21)

ノババックス製ワクチン認可、初の経口薬も(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン