岸田首相、石油の放出表明

【共同】岸田文雄首相は24日、原油価格の高騰を抑えるため、米国など各国と協調し国家備蓄の一部を放出する考えを明らかにした。官邸で記者団の取材に答えた。国家備蓄の数日分を売却し、流通量を一時的に増やす方向だ。価格抑制を目的とした放出は初めて。米国からの要請を受け、…

関連国・地域: 中国インド日本ロシア米国
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

インド競争委、日系海運4社のカルテル認定(01/25)

民主派政府、日本に承認要請 幹部が政変1年を前に訴え(01/26)

東芝が半導体工場を停止、地震で装置破損(01/26)

日系企業の業績改善続く 21年下半期、見通しは下振れ(01/26)

テイクオフ:広州では今、昨年進出し…(01/26)

コロナ後の労働力確保に懸念 国内は少子化、出稼ぎ者も戻らず(01/26)

日本通運が組織体制再編 NXグループへ、海外事業を加速(01/26)

日産連合EV3兆円投資、新型30種以上投入へ(01/26)

NY原油先物市況続落、24日は終値83ドル台(01/26)

パナがEV用新電池量産へ、テスラ向け想定(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン