【この人に聞く】東急不動産、中間層に照準 賃貸・分譲住宅、首都圏で

東急不動産はインドネシアで、中間所得層に照準を合わせた物件の開発に乗り出す。ジャカルタ首都圏に、実需層向けの分譲マンションや賃貸アパート建設を計画する。新型コロナウイルスの影響で高額物件への投資家の需要は冷え込む一方で、会社員の在宅勤務が進んでいることもあり、…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

表現の自由侵害、ネット上で顕著に(17:03)

テイクオフ:インドネシア人には「ま…(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

植物由来食品の新興企業 創業8年で売り上げ10倍(01/20)

21年電動車販売3200台、EVは5倍以上に(01/20)

現代自、「アイオニック5」を現地生産へ(01/20)

首都圏LRT運賃引き上げ、事業費膨張で(01/20)

パプアLNG事業、12月に新トレーン稼働へ(01/20)

東南アの訪日客、21年はコロナ禍で94%減(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン