テナガ、送電網に3年間で220億リンギ投資

マレーシアの国営電力テナガ・ナショナル(TNB)は、再生可能エネルギーの導入促進に向けて送電網を整備するため、2022~24年に220億リンギ(約5,990億円)の投資を計画している。18日付ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)などが伝えた。 アリ・ビジュ電力・天然資源副大…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

22年の新車市場60万台と予測 自動車協会、コロナ前の水準回復(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

入国後隔離5日に短縮、ブースター接種で(01/21)

新規感染3764人、累計282.1万人(01/21)

政策金利1.75%で据え置き、9会合連続(01/21)

RM1=27.3円、$1=RM4.19(20日)(01/21)

テクスケム、スシキン株を吉野家から取得(01/21)

メイド雇用の覚書で詰めの協議、インドネシアと(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン