輸出主導の製造強国に脱皮へ 官民が協力、中と越を手本

インドが官民を挙げて、内需依存から輸出主導の製造強国への脱皮を図ろうとしている。日本や韓国、台湾などから中間財を輸入し完成品を世界に輸出する中国とベトナムをモデルとし、2021年に750億米ドル(約8兆5,000億円)の電子機器分野の生産規模を向こう5年で最大で3,000億米ド…

関連国・地域: 中国ベトナムインド
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:商都ムンバイで通勤客を…(01/20)

日系企業「生産拡大に期待」 展望22年(上)、躍進の14億人市場(01/20)

M&M、電動二輪ヒーロー車両を一部製造へ(01/20)

ヒーロー、台湾の電動二輪ゴゴロに出資(01/20)

タタ自、2モデルでCNG仕様車を発売(01/20)

タタ自、乗用車価格を平均0.9%値上げ(01/20)

車販売ランドマーク、株式公開へ(01/20)

受託生産ディクソン、ボートブランドと合弁(01/20)

リライアンス小売り、ロボティクス企業に出資(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン