• 印刷する

中国恒大、住宅建設継続をアピール

経営危機にある不動産開発大手、中国恒大集団(チャイナ・エバーグランデ・グループ)傘下の恒大地産集団珠三角房地産開発(広東省広州市、珠三角)は26日、販売済み物件の引き渡しに向け、停滞が指摘されている住宅建設工事を積極的に正常化すると発表した。省内各地の工事現場の写真を公開し、住宅建設の継続をアピールした。

チャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の公式アカウントを通じて明らかにした。珠三角は広州や肇慶などにある工事現場7カ所の様子を撮影した写真を同アカウントに公開。写真の撮影日は25日とされる。現在は広州や肇慶のほか、仏山、陽江、清遠、恵州、河源など40カ所余りの物件で工事が正常化しているという。

中国恒大の許家印董事長は22日、経営再建に向けた「3大戦略」を発表し、未完成の販売済み物件を引き渡すため「一時停止している工事を再開することに全力を挙げる」との方針を示していた。

■許氏の長者番付、70位に急落

ネットメディアの澎湃新聞によると、民間シンクタンクの胡潤研究院が27日発表した2021年の中華圏長者番付で、許氏の順位が昨年の5位から70位に急落した。資産は2,350億元(約4兆2,000億円)から730億元と3分の1以下に目減りした。許氏は同番付のトップ5の常連で、17年には首位だった。

今回の番付では不動産業の関係者がトップ10から姿を消すなど、中国不動産業の苦境を裏付ける形となった。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路が開通、課題山積み 式典には中国国家主席も(12/06)

テイクオフ:クラスの男子から私のこ…(12/06)

香港は共産党の指導尊重を 政官界から大合唱、憲法記念日(12/06)

内モンゴル中心にコロナ再燃 350人突破、広州には別の感染源(12/06)

政協経済委幹部、来年5%以上の成長目指す(12/06)

サービス業許認可を透明化、WTO有志国(12/06)

工業グリーン化で5カ年計画、脱炭素後押し(12/06)

財新サービス業PMI、11月は小幅下落(12/06)

ホンダの新車販売、11月は20%減の13.7万台(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン