日立金属で検査不正、航空機・発電機向け特殊鋼

【共同】日立金属は26日、航空機エンジンや発電用タービンの部品に使われる特殊鋼製品で新たに検査不正が見つかったと発表した。105社に納入した約380鋼種で検査結果を書き換えたり、顧客と取り決めた手法と異なる検査をしたりしていた。現時点で安全性や性能面に問題はないという…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機鉄鋼・金属その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では触れたことがな…(12/01)

各社の新型電動車が勢ぞろい 脱炭素に向け前進、エキスポ開幕(12/01)

高速鉄道に期待と懐疑の声 いったん頓挫も隣国と協議再開へ(12/01)

観光業、変異株規制なら大打撃 小売りも影響懸念(12/01)

パナ欧州電池調査打ち切り、テスラ向けに注力(12/01)

変異株が市内拡大か、首相「再封鎖はなし」(12/01)

完成検査の自動化可能に、国交省令改正(12/01)

政投銀にサイバー攻撃 シンガポール子会社(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン