首都圏の倉庫入居率93%に EC利用増、前期からやや上昇

米系不動産仲介大手ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、インドネシアのジャカルタ首都圏の賃貸倉庫の入居率は第3四半期(7~9月)に93%に達したと発表した。第2四半期(4~6月)の91%から2ポイント上昇した。新型コロナウイルスの影響による電子商取引(…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料建設・不動産運輸IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

2回目のPCR検査、隔離9日目に(12/03)

不動産のVAT減免、22年末まで延長を提案(12/03)

入国隔離期間、10日間に延長 政府高官の海外渡航は禁止(12/03)

高速道でナンバー規制、20日から首都圏近郊(12/03)

新車奢侈税減免、来年も延長を検討(12/03)

ブリヂストン22年乗用車、前年比5%増へ(12/03)

日本紙パルプ商事、新工場が本格稼働(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン