恒大、一部住宅で工事再開=「引き渡しに全力」

【大連共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団(広東省深セン市)は24日、広東省の6都市で手掛ける10件以上の住宅プロジェクトで、中断していた工事を再開したと発表した。住宅の完工と購入者への引き渡しを「全力で実施する」と説明している。 通信アプリ、微…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

滴滴出行が米上場廃止へ、香港上場へ転換(12/03)

中老鉄路、旅客向けの利用規約を公表(12/03)

1~11月、麻薬逮捕者は1.2万人超(12/03)

「健康コード」10日から運用 本土往来の通行証、ネットで申請(12/03)

キャンプ人気が拡大 1兆円市場へ、複合利用も加速(12/03)

セムコープ、中国で再生エネの資産取得(12/03)

供給網混乱長引く恐れ、オミクロン株拡大で(12/03)

日月光が中国4工場売却、台湾事業を強化(12/03)

1~11月の農産品輸出、44億ドル(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン