21年のニッケル生産10%減、業界団体予測

フィリピン・ニッケル産業協会(PNIA)は20日、2021年の国内のニッケル生産量が前年比10%減の約2,500万トン(乾燥重量)になるとの見通しを示した。悪天候などが生産に影響を及ぼすとみている。 ダンテ・ブラボー会長は、今年は悪天候のため採掘に支障が出ていると説明した。…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

主要都市の外出制限延長、12月15日まで(11/29)

新型コロナ、新たに665人感染(11/29)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

製菓マンチーズ、フィリピン企業の傘下に(11/30)

亜通利、比の発電所工事など来年契約へ(11/30)

テイクオフ:新型コロナウイルスが広…(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン