【この人に聞く】コロナ下でも10%増収へ タカギセイコー合弁、減税効果も

樹脂加工品製造タカギセイコー(富山県高岡市)のインドネシア合弁会社タカギ・サリマルチウタマ(TSC)は、新型コロナウイルスにも負けずに業績を伸ばしている。コロナの感染拡大で2020年の売り上げは前年比50%減に落ち込んだが、今年は対19年比で10%増収を見込む。インドネ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

CO2排出取引調査、100万トンが課税対象(16:04)

テイクオフ:インドネシアの配車アプ…(12/01)

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

首都圏をレベル2に強化 感染対策、オフィス出社50%に(12/01)

22年度税収、国税規則調和法で拡大を期待(12/01)

22年予算執行、保健などに注力=大統領(12/01)

国営石油、首都沖で2000万バレルの油田発見(12/01)

ペリタ・エア、A320で首都拠点の路線就航(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン