パーム油未加工品の禁輸方針を表明=大統領

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は13日、将来的に未加工のパーム油の輸出を禁止する方針を明らかにした。国内の下流産業を育て、付加価値を高めることが目的。 国営アンタラ通信が同日伝えたところによると、ジョコ大統領は「パーム油は化粧品やマーガリン、バイオ燃料など…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

民間病院と衛生研究所、変異株検査で連携(15:38)

テイクオフ:下宿のロビーに飾られた…(12/07)

首都港湾、車両入場料2倍に 物流会社は時期が不適切と批判(12/07)

医療に計1.2兆ルピア投資、シーメンスなど(12/07)

3回目接種、有料分は30万ルピア以下か(12/07)

乳業チモリーIPO、ADBが一部引き受け(12/07)

パーム油生産量、来年は4800万トン見通し(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン