首都の工場再開、商工会議所が政府に要請

ラオス商工会議所(LNCCI)は政府の新型コロナウイルス対策委員会に対し、首都ビエンチャンの縫製工場などの全面的な操業再開を認めるよう要請した。ビエンチャンでは現在、新型コロナ感染防止策の一環で多くの工場が操業を停止している。地元各紙(電子版)が7日伝えた。 …

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品その他製造雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路、旅客向けの利用規約を公表(12/03)

2日はコロナ感染1333人、死者8人(12/03)

中老鉄路が3日開通、運賃など発表(12/02)

1日はコロナ感染1425人、死者8人(12/02)

ラオスと首脳会談、コロナ対策などで協力(12/02)

コロナ対策委、新変異株への警戒呼び掛け(12/01)

26~30日はコロナ感染6416人、死者27人(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン