• 印刷する

SMマーケッツ、ネット取扱店100カ所へ

フィリピンの大手財閥SMグループ傘下でスーパーマーケット事業を展開するSMマーケッツは1日、2021年末までにインターネット販売を取り扱う自社店舗を100カ所に増やすと発表した。新型コロナウイルス下で来店をためらう顧客の需要を開拓する。

ネット販売は計70カ所の自社店舗を通じ、マニラ首都圏、中部セブ、南部ダバオの大都市圏などで展開している。ネットで注文を受けてからSM系列のスーパーなどで働く従業員が商品を梱包(こんぽう)し、自社傘下のクーリエサービス業者が配送する。サービス地域拡大に配車大手グラブの小売り部門グラブマートとも提携している。

SMマーケッツ傘下のSMスーパーマーケットのジョジョ・タグボ社長は「デジタル事業を強化し、顧客に安全と利便性を提供していく」と話した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「高収入の仕事がありま…(12/01)

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

国家接種デー、目標達成急ぐ 初日255万回、1日で過去最多(12/01)

新型コロナ感染425人、1年5カ月ぶり低水準(12/01)

主要都市の外出制限延長、12月15日まで(12/01)

大統領、顔シールド着用の再義務化を検討(12/01)

ドゥテルテ氏側近、大統領選の出馬取りやめ(12/01)

財閥アヤラ、BPO子会社を売却(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン