エプソン、環境を経営の軸に 海外拠点で再エネ・再生プラ活用

セイコーエプソンは、今年3月に2025年度までの長期ビジョンを改定し、脱炭素や資源循環の実現に向けて環境を前面に打ち出した経営方針を掲げた。小川恭範社長がオンラインでインタビューに応じ、23年までにアジアを含む海外の全拠点で使用する電力を100%再生可能エネルギー化する…

関連国・地域: タイシンガポールインドネシアフィリピン日本アジア
関連業種: 電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

王子HD、板紙の新ライン稼働 年産能力2.5倍に、東南ア・印向け(12/08)

キリン合弁問題、「司法介入せず」と投資相(12/08)

民主派が書簡、日本政府に政権承認要請(12/08)

【月次リポート】自動車ニュース(21年11月) 40年のZEV化、日本は参加せず(12/08)

富士フイルム、動物病院に医療機器提供(12/08)

ホンダ、「シティハッチバック」を発売(12/08)

芝浦機械と日精ASB、射出成形機で協業(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン