米、TPP復帰せず「国内投資が優先」

【ワシントン共同】米国務省のプライス報道官は24日の記者会見で、日本が参加し、中国や台湾も加盟申請した環太平洋連携協定(TPP)について、現状では復帰しない意向を示した。「世界に通用する競争力を強化するために国内に投資することが最初の仕事だ」と述べた。 プライス…

関連国・地域: 中国台湾ベトナムマレーシアシンガポール日本
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

【食とインバウンド】拡大する「サスティナブルツーリズム」(10/27)

軸受けNTNの競争委調査、違反なしで終結(10/27)

豪、日本やEU注力で海外直接投資を多様化へ(10/27)

オムロン、ロボットの達明機器人に出資(10/27)

日立金属で検査不正、航空機・発電機向け特殊鋼(10/27)

ダイヤモンド電機、アユタヤの子会社を清算(10/27)

シャープが新世代液晶TV、ミニLED国内勢初(10/27)

トヨタ、印工場での100%炭素中立を達成(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン