輸入米の土含有量測定せず、穀物検定協会

【共同】輸入米の検査で土砂の含有量を測定していなかったとして、農林水産省は21日、日本穀物検定協会に改善命令を出した。2016年4月から21年5月までに計約68万トンで検査を実施したように見せかけて検査証明書を発行していた。含有量の分析は、コメの販売価格に反映される品質…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、10年以降の最少(14:42)

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(11:21)

マカオLRTが半年間運休に 電力系に欠陥、三菱重が全面交換(10/19)

輸出管理厳格化の影響軽微 韓国全経連、岸田政権に撤回要望(10/19)

トヨタ、米で電池投資3800億円(10/19)

ジェイテクト3子会社合併、来年4月(10/19)

9月の新規バイク登録、18%減の11万台(10/19)

パナとトヨタが労災防止、ロボット安全評価(10/19)

排気量別の新規バイク登録台数(21年9月)(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン