• 印刷する

創造産業発展法案、下院で可決

フィリピン下院は20日、芸術や文化の発展を目指す創造産業発展法案を可決した。政府の支援などを強化し、東南アジアでの競争力の向上につなげる。

ベラスコ下院議長は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、劇場、映画館、博物館の閉鎖や、音楽コンサート、芸術祭の中止が続いていると指摘。政府の強力な支援によって現状を変え、産業の潜在力を発揮させることが法案の狙いだと説明した。

創造産業は2014年、政府の支援がなくても、国内総生産(GDP)の7.3%に相当する6,610億ペソ(約1兆4,400億円)を生み出している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの新…(10/25)

人工ビーチに市民10万人殺到 外出制限疲れ、感染対策守られず(10/25)

新型コロナ、新たに5279人感染(10/25)

保健相、3回目接種の提言を承認(10/25)

〔ミ島通信〕ダバオにドライブスルー接種会場(10/25)

サラ氏とマルコス氏会談、大統領選で連携か(10/25)

南北鉄道向け車両を出荷、総合車両製作所(10/25)

韓国エンプラス、比で電気自動車製造へ(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン