• 印刷する

テイクオフ:週末の朝、近所の家族が…

週末の朝、近所の家族が奏でるクリスマスソングが聞こえてきて、一抹の不安がよぎった。今年は例年通りのクリスマスが過ごせるのかと。キリスト教徒が多い当地では一大事だろう。近所の人らと12月の予定について、気軽に話せていた頃が懐かしく思えてくる。

手頃な価格で旅行するため、9月までに航空券やホテルを予約し、長期休暇に備える。そんな旅行前のワクワク感も、新型コロナウイルス禍が奪い去った。外出・移動制限が突然に厳格化される恐れから、早割予約は無意味になった。友人は「12月になるまで何があるか分からない」と慎重になる。

ワクチン接種が進み始めていることから、政府は「有意義なクリスマスが過ごせるようになる」と繰り返すが、昨年も同じようなことを言っていた記憶がある。まさか、国民を2度も落胆させるはずはないと信じたい。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染3218人、5カ月ぶり低水準(21:20)

テイクオフ:新型コロナウイルスのワ…(10/27)

商工省、制裁回避へ対応強化 輸出回復、紛争の増加に備え(10/27)

接種拡大に非協力な職員クビ 大統領、普及遅れいら立ち(10/27)

新型コロナ、新たに4393人感染(10/27)

モーリシャス由来の変異株、比で初めて確認(10/27)

運輸省、公共交通の乗車制限撤廃を提案(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン