〔政治スポットライト〕仏、潜水艦契約破棄の対応で駐豪大使召還

フランス政府は17日、駐オーストラリア大使と駐米国大使を召還すると発表した。オーストラリアがフランスとの次期潜水艦「アタック級」の共同開発契約を協議なしで撤回し、米国と英国の協力で原子力潜水艦の導入を決めたことを受けたもの。フランスのマクロン大統領らは、召還した…

関連国・地域: オーストラリア米国欧州
関連業種: 農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

シドニー戸建て住宅、過去最高の150万$に(17:57)

【会員情報NOW!】日本食品の東京マート、オンラインショップ開始(17:57)

オクバウ金鉱、累計採掘量700キログラムに(10/28)

テイクオフ:携帯が鳴った。表示され…(10/28)

海外渡航、11月から申請不要に シンガポールとはバブル構築(10/28)

豪医薬管理局、ファイザーの追加接種認可(10/28)

豪中ワイン関税問題、WTOがパネル設置(10/28)

豪の排出削減計画、経済モデル未公表で批判(10/28)

港湾パトリックが労組に反撃、協約解除申請(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン