首都圏の酒類販売、複数自治体で緩和

フィリピンのマニラ首都圏で複数の自治体が酒類販売の規制を緩和した。16日に始まった新型コロナウイルス対策の新たな外出・移動制限下で、これまでの規制を見直した格好だ。 首都圏は5段階の警戒レベルで上から2番目の厳しい措置が敷かれている。ただ以前よりも外出制限のガイ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(10/26)

マレーシアなど域内3国の直行便、再開決定(10/26)

エネ省、燃料税停止求める 財務省反対、大統領選の争点に(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

公共交通の運転手、燃料補助金を支給(10/26)

新型コロナ、新たに4405人感染(10/26)

首都圏の外出制限、11月はさらに緩和か(10/26)

保健省、11月にも3回目接種実施(10/26)

科技省、「交差接種」の臨床試験実施(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン