トヨタ新たに減産40万台、年間見通しも引き下げ

【共同】トヨタ自動車は10日、9月と10月で合計40万台の減産を世界で新たに実施すると発表した。東南アジアでの新型コロナウイルス流行による部品調達難や半導体不足を背景に36万台の減産を既に決めていたが、追加の減産を迫られた。8月以降の減産台数は累計で90万台規模となる。…

関連国・地域: ベトナムマレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

マカオLRTが半年間運休に 電力系に欠陥、三菱重が全面交換(10/19)

輸出管理厳格化の影響軽微 韓国全経連、岸田政権に撤回要望(10/19)

トヨタ、米で電池投資3800億円(10/19)

ジェイテクト3子会社合併、来年4月(10/19)

9月の新規バイク登録、18%減の11万台(10/19)

パナとトヨタが労災防止、ロボット安全評価(10/19)

排気量別の新規バイク登録台数(21年9月)(10/19)

パナが病院に顔認証7万台、マイナ保険証で利用(10/19)

地域別の新規バイク登録台数(21年9月)(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン