マルチスズキ、6日から一部モデルで値上げ

インドの乗用車最大手マルチ・スズキは6日、製造コストの増加に伴い一部モデルの価格を引き上げると発表した。北部デリーでの店頭価格の上昇率は、加重平均で1.6%。新たな価格は同日から有効となる。 同社は8月30日、値上げを9月に実施すると通知していた。

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

スリランカ、燃料調達で5億ドル融資求める(10/18)

スリランカで食料高騰、観光低迷・外貨が不足(10/19)

タイ商工会、中国とインドから投資誘致へ(10/19)

テイクオフ:最近、インドでもユーチ…(10/18)

9月の乗用車販売、4割減 人気モデルの納車待ち解消されず(10/18)

9月の二輪販売、17%減の153万台(10/18)

起亜、SUVソネット発売1年で特別仕様車(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン