チャンギ空港、苦境下で変革 貨物・小売りを強化、施設改修も

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響による苦境下で、今後を見据えた変革に取り組んでいる。航空貨物部門や小売部門の強化で足元の経営を支えつつ、感染症に備えた空港づく…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

21年経済成長率は6~7%=金融庁予測(19:51)

7~9月の新規車両登録、テスラが急増(19:51)

デザイン会社が経営破綻、清算手続きへ(19:51)

全政府機関で電子IDの利用可能、11月から(22:48)

警備大手子会社の元管理職、収賄で起訴(21:37)

新規感染初の5千人超、死者10人(27日)(21:37)

テイクオフ:家人が仮想現実(VR)…(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン