EC市場規模、5年で2倍へ 東南アジア、ベトナムが急成長

東南アジアの電子商取引(EC)の市場規模が、今後5年で約2倍の水準に達するとの見通しが、米フェイスブックとコンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーの調査で明らかになった。特にベトナムは4.5倍と大きく伸びる見込みだ。ECで買い物をする域内の消費者は、2026年に…

関連国・地域: ベトナムシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(18:04)

英半導体企業、東南アジア統括拠点を開設(16:27)

企業の懸念材料、コストが最大=中華商工会(16:27)

5Gの実証基地、国内4カ所に設置(16:24)

警備大手、新ビデオ会議システム提供(16:18)

労使紛争解決の補償金、1年で1300万Sドル(16:02)

新規感染2553人、3日連続減少(18日)(12:13)

テイクオフ:国内での新型コロナウイ…(10/19)

SDGs「日系に商機」の声 国別の達成度、タイは東南ア首位(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン