コーヒー農家の苦境を支援 有志ら豆調達、日本と産地つなぐ

民政移管後、質の良さで脚光を浴びるようになったミャンマー産コーヒー豆を栽培する農家の生活が、困窮している。新型コロナウイルスの感染拡大で昨年に前年比でほぼ半減した輸出が、今年2月のクーデターでさらに減る懸念がある。打撃を受ける産地を支援しようと、ミャンマーコー…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

在日留学生ら「就活」格闘 帰国諦め「将来のため働く」(10/25)

特使容認迫る、ASEAN議長声明案判明(10/25)

ASEAN会議排除に反発、外務省が声明(10/25)

国軍除外を支持、東南アジアで米国務省顧問(10/25)

恩赦後そのまま再逮捕、110人に=人権団体(10/25)

長期の内戦化を懸念、退任のブルゲナー特使(10/25)

「防衛戦」開始で衝突激化、国軍と民主派(10/25)

国軍「投資大臣」=経済は数カ月で正常化(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン