レイザー、消費者向け電子決済事業から撤退

シンガポールと米国に本社を置くゲーム周辺機器大手レイザーは、消費者向け電子決済事業から撤退する。今後は企業向けの決済事業に注力する。 モバイル電子決済アプリ「レイザー・ペイ」の運営を9月末で打ち切る。米クレジットカード大手ビザと提携した仮想プリペイドカード「レ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料その他製造金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(11:21)

新規感染2553人、3日連続減少(18日)(12:13)

テイクオフ:国内での新型コロナウイ…(10/19)

SDGs「日系に商機」の声 国別の達成度、タイは東南ア首位(10/19)

9月輸出額、2桁台のプラス 半導体不足・中国の電力危機で(10/19)

食品ドール、果物副産物活用の新会社設立(10/19)

繁華街のレジャー施設建設、提案募集を開始(10/19)

フリマのカルーセル、同業オックスを買収(10/19)

新興データセンター運営社、バタム島に投資(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン