時間当たり労働生産性、2Qは12.8%減

マレーシア統計局が18日発表した2021年第2四半期(4~6月)の時間当たり労働生産性(就業1時間当たり付加価値)は、前年同期比12.8%減の40.5リンギ(約1,050円)となった。前期(40.2リンギ)からは0.7%増加した。 時間当たり労働生産性は、実質国内総生産(GDP、15年…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 農林・水産その他製造建設・不動産天然資源サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア教育省は、貧…(01/27)

首相のミャンマー訪問への批判、議会が反発(01/27)

今年の販売台数3割増が目標 プロドゥア、シェア40%台回復へ(01/27)

新規感染4744人、2日連続4千超え(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

プロトン、杭州アジア大会の公式車両に(01/27)

RM1=27.2円、$1=RM4.19(26日)(01/27)

オミクロン株の感染、新たに162人確認(01/27)

5~11歳のワクチン接種は任意=保健相(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン