• 印刷する

民放ABS―CBN、ネット放送に活路

フィリピンの民放ABS―CBNは、インターネットのプラットフォームを通じた放送を拡大するなどして黒字化を目指す方針を明らかにした。昨年5月に放送免許が失効し、経営が悪化しているため、ネット戦略を強化して立て直す。6日付インクワイラーが伝えた。

親会社の財閥ロペス・ホールディングスのサルバドル・ティロナ社長によると、ユーチューブなどオンラインの動画配信サービスを活用した放送を拡大する。コンテンツの海外販売を強化し、収益を確保する。

ABS―CBNは25年間の放送免許が2020年5月に失効し、テレビとラジオの放送停止を命じられた。現在はオンライン配信のほか、テレビ・ラジオ局のゾーイ・ブロードキャスティング・ネットワークなどと提携し、一部の番組を放映している。

20年の最終損益は133億4,000万ペソ(約291億円)の赤字となり、赤字幅は前年の5倍に膨らんだ。ティロナ社長は、新戦略の推進によって黒字化し、民放最大手の地位を取り戻す考えを示している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

首都圏のコロナ規制延長、6月15日まで(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

企業優遇、対象分野明確に 新たな戦略投資計画、大統領承認(05/27)

マルコス次期政権、財務相に中銀総裁(05/27)

マルコス氏、中国に「主権譲らない」(05/27)

比海軍がスービックに基地、中国けん制(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン